オンラインHDFについて

つるとうクリニックでは、透析患者様に、より良い透析治療を提供するため、オンライン血液透析ろ過(オンラインHDF)を導入し治療を行っています。 現在は一部のベッドでの対応となりますが、順次台数を増やしていく予定です。

通常の血液透析(HD)では、血液と透析液の間に半透膜(ダイアライザー)を介させ、その濃度差によって起こる物質の移動を利用し、血液中の不要な老廃物を取り除きます。
しかし、その場合、半透膜の孔を通りやすい小さな物質しか除去することができません。

血液透析ろ過(HDF)は、血液透析に加えて透析中に大量の点滴を行い、ろ過することで、血液透析で除去が難しかった分子量の大きな老廃物を取り除くことができるのです。

また、血液透析ろ過(HDF)は、ろ過すればするほど効果が上がると考えられています。
オンライン血液透析ろ過(オンラインHDF)は、血液透析ろ過で使用する点滴(補充液)を使用せず、透析液供給装置から送られる透析液を、直接置換液として使用するため、より多くの補充液を置き換えできるというメリットがあります。
短時間でより多くのろ過を行うことのできるオンラインHDFは、透析にかけられる時間の短い方にも有効な治療法です。


合併症(アミロイドーシス)の予防に効果的

通常の血液透析(HD)を長期間続けていると、アミロイドーシスという合併症を発症することがあります。
これは、β2-ミクログロブリンという物質が関節や骨に沈着して神経を圧迫することで、 手の親指から中指にかけて痛みやしびれなどを起こす症状です。
オンラインHDFは合併症の原因となる物質(β2-ミクログロブリン)を取り除くため、合併症の予防にも効果的です。


オンラインHDFの効果

オンラインHDFを行うことで、透析アミロイド症の関節痛やイライラ感、食欲不振、貧血などを改善する効果が得られます。
実際に、オンラインHDFをはじめた患者様からも「透析中の血圧低下が落ち着いた」「ムズムズ感がなくなった」といった声をいただいております。

・透析アミロイド症の発症や進展の抑制効果
・皮膚のかゆみの改善
・透析中の血圧安定(血圧低下の改善)
・食欲の改善
・貧血の改善
・イライラ感、下肢のムズムズ感などの改善


透析液について

近年、透析液に含まれるエンドトキシンが問題視されています。
エンドトキシンとは、大腸菌などの微生物が作る物質のことで、透析液にエンドトキシンが含まれていると、透析後に発熱や炎症反応を引き起こすことがあります。
オンラインHDFを行うためには、細菌やエンドトキシンを測定感度以下になるまで清浄化する必要があります。
つるとうクリニックで使用している透析液は、99%純粋に近い水を使用し作成しています。
毎月水の検査をはじめ厳重な管理体制のもと、管理を行っています。